商品カテゴリから選ぶ

 

相談内容

どんな水で淹れたらいいの?

当店のお茶は、水道水で検査試験をしておりますので、水道水で十分おいしく飲んでいただけますが、ペットボトルの水、又は山の水等をお使いいただいてもかまいません。

お茶はどうやって保管したらいいの?

お茶が嫌うのは、高い湿度と、湿気ですので、湿気を防ぐ為に、缶等に入れていただき、冷暗所(冷蔵庫当)に入れていただければ万全です。

賞味期限はどれくらいですか?

お茶は元々保存食品として開発されたものですので、保存方法を正しく守れば1年ぐらいは大丈夫ですが、2~3年前のお茶でも飲んで害になることはありません。

やっぱり高いお茶がおいしいの?

おおむね高いお茶の方が美味しいと考えますが、100g1000円以上に関してましては、お客様の好みの部分が多くなると考えます。
又、お酒を飲んだ後とか、非常にのどが渇いている等、TPOによって値段に関係なく使い分けるのが良いのではないでしょうか。

お茶は飲む量に制限ってありますか?

飲む量に関しては、余り制限はないと思いますが、すきっ腹に濃いお茶は避けた方が無難でしょう。

お茶とサプリメントや薬などと併用は問題ありませんか?

以前は一部の錠剤(増血剤等)は鉄分の吸収とタンニンが悪くすると言われていましたが、最近でもそうでもないようですが、薬、サプリメントはお水で飲まれる方がいいでしょう。

お茶は子供にも飲ませて平気ですか?

生後半年程の赤ちゃんに、ほうじ茶や番茶は昔から飲ませていましたので、基本的には大丈夫ですが、カフェインの多い玉露や、高級煎茶は、大量には飲まれない方がいいいでしょう。
ちなみにほうじ茶、番茶はカフェインの少ないお茶です。