商品カテゴリから選ぶ

 

玉露


お茶の色を楽しむため、白磁で中が白く作られているものが適します。茶碗や急須などは、予めお湯を入れて温めておきます。3人分で茶の量は10g(大さじ2)湯の量は90cc。湯ざましにお湯を入れて50~60度になるまで冷まします。手の平にあててみて、気持ちいい温かさが目安。急須に入れ、フタをして2~3分待ちます。

こっくりした風味が引き出せたら、茶碗に静かに注ぎます。注ぐ時は急須に残らないように、最後の一滴までしぼるようにするのが大切です。 二煎目は一煎目の半分の時間で注ぎます。出来るだけ甘みを取り出すようにするのが上手な入れ方です。

煎茶


煎茶は計って急須に入れます。上級煎茶は3人分で大さじ2、湯量は180ccで、湯温は横ゆれして湯気が上る程度の70~80度が良いでしょう。
高級煎茶ほど少し冷ました湯を使います。フタをして30秒~1分待ちます。

注ぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように注ぎまわします。分量・湯量・湯温・お茶の品質によって多少違います。並級のものは湯温を90度にして、時間は1分ほど待ちます。うま味成分は60度くらいで溶け、渋味成分は80度で溶け出す性質があります。  

番茶・ほうじ茶


大きめの急須に、5人分の茶の量15gに熱湯650ccくらいと少し多めに用意します。
湯温は熱湯。急須にお湯を注いだら大体15~30秒ほどで味わいが出ます。この種類は熱湯でサッと出すのがコツです。


味わい・香りが出たら、大きめの茶碗にたっぷりと注ぎます。ぬるめだと香り・味共によく出ないので、熱湯を注ぐことが大切です。
入れたての熱いのを飲むのが一番です。  

水だし前茶

お湯で出す場合でも、水質の良し悪しが香りや色・味に影響します。水出しの 時も水には気を配りましょう。ガラスポットに水出し煎茶のティーパック 2 コ を入れ、冷水 500cc を加えしばらく放置し、冷蔵庫で冷やします。口あたりが やわらかく、ビタミン C の豊富な健康飲料として食事にもおすすめです。